>  > 上目づかいにノックアウト

上目づかいにノックアウト

一般的な料金より比較的安めなデリヘルで、指名料もケチってフリーで受付。おいでなさったのは、ちょっと軽めな雰囲気をまとった女の子。体を洗ってフェラをしてもらい、こっちも手マンで責めようと手を伸ばすと、あっけらかんと「今日はなんかアソコが痛いからやめて〜」と申してくるではありませんか。しかも、同じ理由で素股もできればやめてほしいとのこと。それはいくらなんでも一方的すぎるし、本当に痛いのか?と疑問に思った。すると女の子は「その代わりお口で頑張るから〜」などと言ってきたので、それなら終始上目づかいで、ずっと俺の目を見ながらフェラをしてほしいと頼んだ。すると意外にも「いいよ〜」と快諾。俺は仁王立ちになり、股間の下に女の子をかがませて、フェラをしてもらった。先ほどまでちょっと腹が立っていたが、俺の希望通りの上目づかいでのフェラに、苛立ちはすっかり無くなっていた。射精感が高まってきて、さらに激しく頭を振ってフェラをしてほしいとお願いしたのだが、それでもしっかり上目づかいで目を合わせてくれて、思わずキュンとして、勢いよく射精してしまった。女の子の上目づかいにすぐにノックアウトされてしまうなんて情けないが、可愛いからしょうがないのだ。

[ 2015-03-29 ]

カテゴリ: デリヘル体験談